公益社団法人 日本ゲートボール協会

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

公益社団法人 日本ゲートボール協会

ニュース

  • トップ
  • >
  • ニュース
  • >
  • JGU
  • >
  • 高校時代に出会ったゲートボールを題材にしたMVを配信リリース!〜かとうれいな さん

2021.07.01

JGU

高校時代に出会ったゲートボールを題材にしたMVを配信リリース!〜かとうれいな さん

【シリーズ Gateball make friends!】 No.7:かとうれいな さん(シンガーソングライター)

「シリーズ Gateball make friends!」では、全国各地でプレーを楽しんでいたり、ゲートボールに携わるゲートボール男子&女子を紹介していきます。
今回ご登場いただくのは、今年2021年5月に、高校時代に出会ったゲートボールを題材としたミュージックビデオ(MV)『プレーボール!』を配信リリースしたシンガーソングライターのかとうれいなさん。
青森山田高校ゲートボール部時代のことから、今回の曲『プレーボール!』に込めた思い、そしてシンガーソングライターとしての今後の夢などについてお聞きしました。

[プロフィール] 1997年、青森県青森市生まれ。2013年、青森山田高等学校入学と同時にゲートボール部に入部。高校卒業後、横浜国立大学に入学し、2017年から音楽活動をはじめ、オリジナル楽曲の制作と毎月のライブを続ける。大学卒業後も、アルバイトをかけ持ち生計を立てながら東京都、神奈川県のライブハウスを中心にライブ活動を続け、YouTubeでの動画配信、MVの制作、ワンマンライブの開催も行っている。

高校最後の年にはゲートボールで全国第3位に!

 

——ゲートボールをはじめたきっかけを教えてください。

 

かとう(以下、敬称略) 青森山田高校に入学して、創部1年目のゲートボール部の存在を知って入部しました。入部のきっかけは、「ゲートボール」という初めて出会った競技に興味を持ったから。そして、全国ジュニアゲートボール大会が埼玉県熊谷市で行われると聞き、行ってみたかったからです(笑)。
おかげさまで、3年連続で全国ジュニアゲートボール大会に出場し、最後の2016年には第3位に入賞することができました。

高校3年のとき、全国ジュニアゲートボール大会で第3位に入賞した、かとうさん(右から2人目)

前列右端がかとうさん

——今年5月にMVを配信リリースされた自作曲『プレーボール!』は、ゲートボールを題材とした自作曲ですが、この曲を作ったきっかけは?

 

かとう 高校卒業後、ゲートボールに触れる機会がなくなっていた中、群馬県にある清野旅館という宿泊施設で3カ月に1回のペースで行われているゲートボール大会の存在を知り、2020年12月に初めて参加させていただいたんです。
久しぶりにゲートボールをして、あらためて世代を越えて楽しめるスポーツで、かつ、ゲートボールが私とみんなをつなぐものになっていると感じました。
そのときに感じたことを歌にして、大会の表彰式前に、参加者の皆さんの前で披露させていただきました。

 

チームのみんながいるからプレーできる。
人とのつながりやチームメイトへの感謝、思いやりを表現

 

——『プレーボール!』の中に出てくる「ナイス! ナイス! いいボール! ありがとう」という歌詞が印象的ですが、この曲に込めた思いとは?

 

かとう ゲートボールのプレー中に響く「ナイス!」や「ありがとう!」の声がとくに印象的で、私自身も高校時代の全国大会で「ナイス!」を大きな声で繰り返し、声でチームを盛り上げたいと思っていたことを思い出しました。
ゲートボールはひとりじゃないから、チームのみんながいるからプレーできるし、結果的に勝つことのできるスポーツだと思います。
曲ではゲートボールに限らず、他のスポーツやチームワークにもつながる、人とのつながりやチームメイトへの感謝、思いやりも表現しています。

 

——MVには、ゲートボールのプレーシーンや、プレー後の宴会シーンなどが多く登場しますが、映像のコンセプトや撮影秘話を教えてください。

 

かとう MVのコンセプトは「世代を越えた心のつながり」。ゲートボールを通して、心のつながりが生まれていることを映像から伝えられたら、と思っています。
全シーンとも、今年3月開催の清野旅館ゲートボール大会で2泊3日の間に撮影させていただきました。
昨年12月の大会で曲が生まれたので、次はMVを撮影して残る形にしたいと思ったからです。
参加者の皆さま、清野旅館の皆さまにご協力をいただきながら、自然体なところを撮影してもらうよう心がけました。
ゲートボールの試合はもちろん、プレー後の宴会も毎回の恒例で、ここで食べる皆さまからの差し入れの漬物やこんにゃく、おからがいつも美味しくて、それも楽しみのひとつなんです。

 

——かとうさんが感じるゲートボールの魅力とは?

 

かとう 世代を越えてプレーできるところ、一生涯続けられるところ、チームプレーで心のつながりが生まれるところです。

 

ゲートボールをする最近のかとうさん

歌のちからでいろいろな人とつながって、みんなとハッピーに生きていきたい

 

——シンガーソングライターとしての今後の夢とは?

 

かとう 現在23歳で今年24歳になりますが、25歳、30歳というのは私の中で節目と感じています。
現在の楽曲制作、ライブ活動を続けていくことはもちろん、ただ現状維持ではなく、より前へ進んだ「かとうれいな」をどんどん見せていきたいです。
25歳まで自分に向きあい楽曲を作りながら、目指したい自分の姿を描き、30歳にかけてより多くの人を歌でハッピーにできるよう活動も広げていきたいです。
歌うことが大好きな私にとって「歌」は歌う人も聴く人もハッピーになれる素敵なものだと思っています。
そんな歌のちからでいろいろな人とつながって、みんなとハッピーに生きていきたいですね。

 

——最後に、ゲートボール愛好者の皆さんや、このウェブサイト記事をご覧になった方へのメッセージをいただけたらと思います。

 

かとう 東京都や神奈川県のライブハウスを中心に毎月4~7本ライブを開催していて、自主制作アルバムの発売もライブ会場で行っているので、ぜひ生のパフォーマンスを見に来ていだけたらと思います。今年12月には自身のバースデーワンマンライブを行う予定です。
最新情報を下記のSNSで発信していますので、各種フォロー、チャンネル登録していただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします!

 

Twitter→@rei77cla
https://twitter.com/rei77cla?s=09

 

Instagram→@rei77cla
https://www.instagram.com/rei77cla/?hl=ja

 

YouTube→かとうれいな
https://youtube.com/channel/UCSlqYZQFxiVrwgpnJyqr8mQ

 

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
  • JAPAN SPORT COUNCIL
  • GROWING 全てのスポーツにエールを
  • 公益財団法人 スポーツ安全協会

  • 公益財団法人 日本体育協会
  • 公益財団法人 日本レクリエーション協会 Rec-Online
  • JADA 公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構 Japan Anti-Doping Agency
  • 新たに日本ワールドゲームズ協会(JWGA)
  • SPORT FOR TOMORROW